スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明鏡

IMGP6059
IMGP6059 posted by (C)saboten
Aeonium tabuliforme

アエオニウムの明鏡。
カナリー原産のベンケイソウです。

群生株ー^^

で、植え替えようと思ったらですねー

IMGP6060
IMGP6060 posted by (C)saboten

やっちまった・・・orz

泣く泣く挿し木にしました。
また増えてくれないかなー笑
スポンサーサイト

アガベ牡丹

IMGP6062
IMGP6062 posted by (C)saboten
Neogomesia agavoides

サボテン科ネオゴメシア属のアガベ牡丹です。
初の牡丹類を買ってみました・・・^^;

Ariocarpus属になっていることもありますねー。どっちが正しいやら。

大きく、きれいな濃いピンク色の花を咲かせるそうです。
楽しみー^^
生長は遅く、1年で葉が一枚出る程度だとか・・・

綴化エケ

IMGP5467
IMGP5467 posted by (C)saboten
Echeveria Iria f.cristata

園芸種・イリアの綴化です。

綴化は、遺伝子異常で生長点が帯のようになっていて、このような見た目になることを言います。
石化、帯化とも言います。

一部、綴化がとれてきましたなぁ。

翡翠色

IMGP5624
IMGP5624 posted by (C)saboten
Lachenalia viridiflora

咲いてました、ヴィリディフローラ。
翡翠色の花がとっても素敵なラケナリアです。

IMGP5625
IMGP5625 posted by (C)saboten

IMGP5626
IMGP5626 posted by (C)saboten

これが野生にあると思うと胸が熱くなるなぁ。

蛾角

IMGP3347
IMGP3347 posted by (C)saboten
Huernia brevirostris

珍しく、ガガイモです。

これ、実は夏に咲いてたやつの写真なんですが、写真整理してたらでてきたのでUP。

和名で蛾角。

ガガイモといえば悪臭花!だと思いますが、こいつは無臭です。
面白い花ですよねぇ、作り物みたい。

IMGP3350
IMGP3350 posted by (C)saboten

臭いがないなら、何で受粉するんでしょう・・・

着生エケ

IMGP5485
IMGP5485 posted by (C)saboten
Echeveria rosea

着生するエケベリアらしい。
ホントか?と思いつつ育ててます。

ちなみに、管理はずっと腰水管理。かつ、ずっと日陰。
水びしょびしょでも大丈夫なので、着生というのは嘘ではなさそう。

ルビダの花

IMGP5614
IMGP5614 posted by (C)saboten
Lachenalia rubida

ラケナリア・ルビダの花が咲きました。


IMGP5615
IMGP5615 posted by (C)saboten

THE ラケナリア!って感じの花です。
花弁の先端が濃い紫で、アクセントになっています。



遅い時間の更新となりました。
今、今日の論文発表のパワポを作っています。
一応学生なので・・・

そう、やばいです。今日は徹夜です、たぶん。
ブログを更新している暇があるのかって?
気分転換です笑

ふっふふー

アモエナ

IMGP5567
IMGP5567 posted by (C)saboten
Echeveria amoena

小型のエケベリアです。
これで開花する大きさです。

早く群生させて、盛大な株にしたいですね^^

IMGP5568
IMGP5568 posted by (C)saboten

ヘクチア

IMGP5564
IMGP5564 posted by (C)saboten
Hechtia sp.

パイナップル科のヘクチアです。
残念ながらsp株。

メキシコのSan Mateo Penasco産だそうで。

色がきれいです^^

IMGP5565
IMGP5565 posted by (C)saboten

芋エケ?

IMGP5560
IMGP5560 posted by (C)saboten
Echeveria atropurpurea?

atropurpureaの名前がついてましたが、これの変種らしいです。
どこまで正しいのやら・・・

塊根になるらしいとのことで手に入れましたが・・・

IMGP5561
IMGP5561 posted by (C)saboten
掘り上げてみる。

IMGP5562
IMGP5562 posted by (C)saboten

うーん、微妙・・・
どちらかというと塊茎のような感じです。

これからの生長に期待します。

女仙葦

IMGP5555
IMGP5555 posted by (C)saboten
Rhipsalis mesembryantoides

森林性サボテン・リプサリスの一種。

リプサリスは、南米を自生地とするサボテン科の植物です。
岩や木に着生する、サボテンの中でも異質な種類です。

日陰でもそれなりに育ち、花もきれいなのでサボテンの中では一番好きですね。

この女仙葦という和名は、葉の様子が多肉植物のメセン類に似ていることから、とのこと。

IMGP5556
IMGP5556 posted by (C)saboten
開花が楽しみですー。
ちなみに白花。

魅惑の宵

IMGP5464
IMGP5464 posted by (C)saboten
Echeveria agavoides cv. `Lipstick`

エケベリア・アガボイデスの園芸品種、`魅惑の宵`。
すげー和名だ・・・とおもうけど、とてもきれいな品種です。

アガボイデス系はたくさんの変異、個体差があるので、集めてみるとなかなか面白いと思います。
やってみたいが金も時間もなぁ・・・

交配種もたくさん存在し、エケベリアはきりがないです。
集めてて楽しい^^

恵比寿笑い

IMGP5417
IMGP5417 posted by (C)saboten
Pachypodium brevicaule

パキポの代表格、恵比寿笑いです。

マダガスカル系の黄花パキポ。
もうすぐ休眠に入る・・・みたい。

今年の6月、ビッグバザールで1cmくらいのを買って、3cmくらいのイモになりました。
持って帰る途中にひっくり返って恵比寿(笑)になってましたが・・・それもいい思い出です笑

霜の朝

IMGP5482
IMGP5482 posted by (C)saboten
Echeveria cv. 霜の朝

霜の朝(しものあした)と呼ぶそうです。
結構ポピュラーな園芸種。

粉をまとっているので、きれいですが触らぬように気をつけています。
美人さんですー。
IMGP5484
IMGP5484 posted by (C)saboten

晴海トリトンに行ってきました。

晴海トリトンのラン展に行ってきました。

入場も無料で、ぼちぼちブースも出てましたよー。

まぁ、カメラを忘れるという失態を犯したので写真はないのですが・・・orz


そんで、お持ち帰りした子↓

IMGP5479
IMGP5479 posted by (C)saboten
左:Pleurothallis adamantinensis
右:Liparia uchiyamae

買うつもりなかったのにーつい・・・

Pleurothallisは結構好きなランです。

Liparisは一目ぼれ!
これから集めてみようかなぁ^^
IMGP5480
IMGP5480 posted by (C)saboten


まぁ散財したことはいうまでもないです・・・

帰りにベタも買っちゃったので、反省。
でも後悔はしてません笑

懲りずに集めつづけますよー!

花うらら

IMGP5452
IMGP5452 posted by (C)saboten
Echeveria pulidonis

私が多肉にはまったきっかけのエケベリア属。
これは、和名が花うららという種です。

ロゼットがかなりきれいです。

IMGP5453
IMGP5453 posted by (C)saboten

なぜか花を咲かせてくれないのが悲しいところですが・・・ハヤクサイテクレー。

エケベリアは水を切り気味で、日照がんがんで育てております。
今でも好きな多肉です^^

カナリーの憧れ

IMGP5476
IMGP5476 posted by (C)saboten
Aychryson tortuosum

ベンケイソウ科のアイクリソンです。
カナリア諸島を原産とし、アエオニウムに近い多肉植物です。

なんとか夏を越して、今はかなり元気に。

IMGP5478
IMGP5478 posted by (C)saboten
小さくてかわいい花を咲かせています。

カナリーはいっぺん行ってみたいところなので、憧れもあってかカナリー原産の植物を見ると欲しくなっちゃいます。
夏越し大変だけども、育ててみるとかわいいもんです。
その代わり、耐寒性は抜群でありますb

ちなみに、用土はセラミスとピートモスを混ぜ込んだもの。かなり万能ちゃんです。


来年の夏も越せるといいなぁ・・・

ツルビニカルプス実生

実生ものシリーズ。

IMGP5415
IMGP5415 posted by (C)saboten
Turubinicarpus laui

サボテンの、ツルビニカルプス・ラウイの実生です。
春にまいて、半年くらいになりました。

白花の、きれいな花が咲くというので挑戦してみようかと・・・

あと、ラウイって名前が好き^^
将来が楽しみな子ですー。

冬型パキポ

IMGP5416
IMGP5416 posted by (C)saboten
Pachypodium namaquanum

パキポディウム・ナマクアナム(和名:光堂)です。

パキポディウムの多くは夏に活動して冬休眠ですが、
ナマクアナムは南アフリカのものなので、これからが活動期です。

難物といわれるのも、パキポは夏型である、との認識から生まれたものなのでしょう。
きちんとした管理ができれば、枯れることは少ない気がします。

一番好きなパキポです^^

ラケナリアの本

IMGP5452
IMGP5452 posted by (C)saboten
今日、届きました。
ずばり、THE GENUS LACHENALIA。

ラケナリアだけで480ページ!
変態っているんだねぇ。
買ってる自分もどうかと思いますが。

興味のある方はぜひ!

・・・これで洋書7冊目・・・お金がぁ・・・

ラケナリア 実生

時間があるのでアップします。

ラケナリアの実生。
4種だけですが・・・
IMGP5404
IMGP5404 posted by (C)saboten

播いてるのは
Lachenalia pusilla
L.trichophylla
L.hirta
L.boukeriana
です。

播種は1ヶ月前の10月2日。
で、最近やーっと動き出しました。
一番早かったのはtrichophyllaで、10月30日に発芽。
IMGP5405
IMGP5405 posted by (C)saboten
Lachenalia trichophylla

そんで、ぼちぼち他の子も発芽。
IMGP5407
IMGP5407 posted by (C)saboten
Lachenalia pusilla

IMGP5406
IMGP5406 posted by (C)saboten
Lachenalia boukeriana

ヒルタだけ動かない・・・

ラケナリアの実生は時間がかかるということが分かったので、まあよしとしますか。

ちなみに土は
鹿沼:ピートモス=8:2くらい。
んで、ずーっと腰水給水。
カビが
生えないように外にずっと置いてます。

たぶん開花まではあと2年くらいかかります。
気が長いなぁ・・・

ラケナリア達

初の投稿です。
まずは、球根植物のラケナリアでも。

以下、私物のラケナリア。

IMGP5408
IMGP5408 posted by 大きい文字/user/top/1403124">(C)saboten
左上から右上が
Lachenalia viridiflora
Lachenalia フィスソローサ(学名忘れ・・・)
Lachenalia rubida

左下から右下が
Lachenalia elegans
Lachenalia elegans var.membranacea
Lachenalia contaminata

最近細々と集め始めたので、まだ数はさっぱり。

ラケナリア(Lachenaria)は、南アフリカを主な原産とする球根植物です。
秋から生長をはじめます。

乾燥にも耐えますが、水をがんがんやると早く生長し、花もきれいなので非常にお勧めな植物です。
枯れることは少ないかと思います、たぶん・・・

花が咲いたら、それぞれ紹介していこうかと思います。

ラケナリアは実生にも挑戦中です。
また時間があったら記事にしますね。

よろしくです

本日より、ブログを開設します。
皆様よろしくお願いします。

植物が好きで、基本的には植物のことを書いていきます。

メインは多肉植物です。
主に、ベンケイソウ科、コーデックス類、球根類を育てています。

また、趣味で熱帯魚のベタも飼っています。

間違い、ご指摘等ありましたらご自由にどうぞ。
まったり更新していきますのでよろしくお願いします。
プロフィール

tyleco

Author:tyleco
植物が好きな社会人です。
日本の多肉植物、Echeveria、Pachypodium等が好きです。雑食なので、何でも育てます。

コメント、リンクはご自由に!
リンクは随時募集中です。

よろしくですー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。